メールアドレスや住所など入力が面倒なら辞書に登録すると便利


公開日: 

imeメールアドレスや住所などよく入力する語句が長い場合、入力が面倒な時があり、そんな時は“語句”の登録をすることで、簡単に入力することが可能になるのだ。

今回は『Microsoft Office IME 』の登録方法です。

 

 

◆メールアドレスなどよく入力する単語などを辞書に登録する方法

①パソコンの右下にある言語バーの『箱』のようなマークをクリックする。

②単語の登録

※文字が入力できる状態でないと設定できないのでメモ帳などを開いて入力ができる状態で設定する必要あり。

ime2

 

アドレスと読み方を入力する。

この場合、『あど』と入力し、変換すると赤く囲まれているアドレス(saruyoshinanoda@gmail.com)が表示される

※このメールアドレスは存在しませんので送っても届きません。

ime10

 

『アド』と入れて変換すると候補に先ほど登録したメールアドレスが表示される。

ime11

 

これでわざわざアドレスを丸々入力する手間が省けるようになるのだ。

また、アドレスを複数持っている場合は複数登録することも可能なのでメールアドレスや住所など入力が面倒な人は一度試してはいかがでしょうか?

 

関連記事

a0001_011459パソコン操作の作業効率を劇的に上げるための3つの方法

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑