Buffaroの無線ルーターの調子が悪くなったらファームウェアのアップデートで改善しよう


公開日: 

buffaroルーターの電源がいきなり切れてしまったり、無線がつながりにくくなったりした場合、バッファローの管理画面からファームウェアのアップデートをすることができ、それをすることで不具合が改善されることがあるので、古いファームウェアで使用している場合はアップデートをしてみよう。

 

 

◆ブラウザからルーターのIPアドレスを入力してルーターにログインする

まずルーターのIPアドレスを調べないといけないんだけど、バッファローのルーターの場合『192.168.11.1』。

最新のルーターは違う場合もあるみたいだけど、念の為にルーターの裏に書いてあるIPアドレスを確認しよう。

DSC_0003

 

この場合『192.168.11.1』だったのでInternetExplorerを開いてアドレスバーに192.168.11.1と入力しEnter。

baffaro2

 

ルーターの管理画面にログインしたら、①管理設定→②自動更新(オンラインバージョンアップ)→③更新実行の順にクリック

fam

 

現在のバージョンを確認して、それよりも新しいバージョンがある場合(数字が多いほうが最新)はチェックを入れ更新実行する。

fam2

 

更新実行中。大体5分~10分くらい電源を切らずに待つ。

fam1

 

100%に行ったら完了。

更新が完了しても画面が変わらない場合があるので100%になって3分くらい待っても画面が変わらない場合はもう完了しているので一度ブラウザを閉じて、もう一度同じ事をやってみて現在のバージョンを確認してちゃんと更新されていればOK。

 

今回スマートフォンのWi-Fiがよく切れたりしていたのでファームウェアの更新をしたんだけど、更新直後に切れることがなくなったので、もしルーターの調子が悪いな。と感じることがあったら是非試してみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    バッファロー製品は色んな会社が作ってるので、ファームはバグだらけです
    ハード的に熱に弱い作りでもあり、熱暴走する製品が多い
    品質管理は最悪ですね

  2. 匿名 より:

    同じルーターで同じ症状で悩んでいました。更新をする事自体初めて知り、こちらの手順で無事作業ができました。画面付きですごく分かりやすく助かりました~!ありがとうございました

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑