いろいろ試した結果これが一番使いやすかったChromeのマウスジェスチャー設定


公開日:  最終更新日:2021/01/12

マウスジェスチャーとは、ブラウザの左上にある、戻るボタン(←)や、タブを閉じる(☓)などをクリックしなくても、右クリックを押しながらマウスを動かすことで、それらの指示ができる機能です。

そのため、マウスジェスチャーを使うと、前のページにもどりたいときに、わざわざ左上までカーソルを持っていく必要が無くなるためブラウジングが非常にラクになります。

一度マウスジェスチャーを使ってしまうと、マウスジェスチャーの機能を追加していないPC(ブラウザ)は使いづらいと思ってしまうほどです。

では、今回は実際に使って、使いやすかったChromeのマウスジェスチャーの設定を紹介します。

 

 

Chrome拡張機能の『crxMouse Chrome™ Gestures』を追加する

まずChromeウェブストアからcrxMouse Chrome Gesturesを追加します。

 

Agreeをクリックすると別のページが開くので、そのページを閉じて元のページに戻ります。

 

基本設定を開き、CxMouseを有効にするのチェックボックスをすべて有効にすることをおすすめします。

 

マウスジェスチャーの設定

それでは、最も良く使うマウスジェスチャーの設定から紹介します。

マウスジェスチャーのページを開いて、ジェスチャー(矢印)に対し、どのようなアクションを取るかを設定していきます。

おすすめの設定はこちらです。

 

←:戻る

前のページに戻る

 

→:転送する

前のページから再度、元のページに戻る場合に使います。

※前のページから戻ってきた場合にしか反応しません。

 

↑:一番上までスクロールする

デフォルトでは上方向にスクロールするになっているのですが、少しだけ上方向に動くよりも一番上までスクロールする方が便利なので、一番上までスクロールをするをおすすめします。

 

↓:一番下までスクロールする

こちらも下方向にスクロールするになっていますが、一番下までスクロールするをおすすめします。

 

↓→:タブを閉じる

今開いているタブを閉じます。

 

↓←:閉じたタブを開く

↓→で閉じたタブを再び開きたい場合に使用します。

※デフォルトでこのジェスチャーは無いので、後ほど無いジェスチャーの追加方法を紹介します。

 

↑←:左タブ

左タブに移動します。

 

↑→:右タブ

右のタブに移動します。

 

↓→↑:新規ウィンドウ

新しくChromeを立ち上げます。同じウィンドウ内で開きたい場合には新規タブでもいいと思います。

 

↑→↓:ウィンドウを閉じる

Chromeを閉じます。

 

追加したいジェスチャがない場合

もし追加したいジェスチャが一覧にない場合は、新規追加をクリックし、自分でその動きを追加します。

 

ジェスチャーが追加できたら、その動きをしたときにどのようなアクションをするかを選びます。

 

スーパードラッグ

スーパードラッグとは、テキストを選んだ状態で左クリックを押しながらマウスを動かすことで、選択していたテキストやリンクを検索できる機能です。

ドラッグテキスト

←、→:テキストを検索する

新規タブで検索後のページが表示されます。

左、右のどちらにドラッグしても選択したテキストを検索できるようにしています。

 

↑、↓:テキストをコピーする

下にドラッグすると選択したテキストをコピーできます。

 

ドラッグリンク

リンクがついているテキストやURLを選択したあとに、ドラッグします。

 

←、→:新規タブでリンクを開く

新規タブでリンク先のページが表示されます。

 

ドラッグイメージ

画像をドラッグして選択したあとにドラッグします。

←、→:新しいタブで画像を開く

 

↓:画像を保存する

 

スクローリング

スクローリングとは、マウスの真ん中にあるホイールを回したときのスクロールされる速度の変更です。

ホイールをクルクルしたときに、もっと速くスクロールしたい場合にONにしますが、基本的にONにしていた方が使いやすくなります。

数値に関しては好みですので、自分で操作しながら好きな位置を決めてください。

ちなみにここのスライダーを動かしたあとに、試してみたいページを更新しなければ反応しないので、スライダーを動かしただけでは変化しません。

スライダーを動かしたあとに、新しくページを開くか、元のページをF5などで更新したあとにホイールを回して動き具合を確認してみてください。

 

ホイールジェスチャー

ホイールジェスチャーとは、左もしくは右クリックを押した状態で、ホイールを回す動作です。

ホイールは基本的に人差し指で回すので、ホイールジェスチャー右(右クリックを押した状態)のみを利用するのをおすすめします。

タブリストをオンにして、→ボタンをホールドしてスクロールしますのラジオボタンにチェックを入れる

ロッカージェスチャー

ロッカージェスチャーとは、左クリックを押した状態で右クリックをする、もしくはその逆の操作となります。

ホイールを押した状態の機能をオンにすることもできますが、ここの設定は左ボタン、右ボタンともに【再読み込み】のみを設定し、左と右クリックを同時押しすると、今開いているページを再読み込み(更新)できるようにするのをおすすめします。

どちらか片方だけの設定であれば、左をクリックした状態で右を押す(もしくはその逆)と考える必要がありますが、同じ設定にすることで、それを考える必要が無くなり、同時押しでページを更新することができます。

 

最後に

今回紹介したcrxMouse Chrome™ Gesturesは非常に精度がいいのが特徴です。

これまで利用していた(このページでも紹介していた)マウスジェスチャーは反応が悪く、使いづらい印象がありましたが、crxMouse Chrome™ Gesturesに変更してからは非常に使いやすくなりました。

いろいろ試してみた結果、この設定が一番使いやすかったので、マウスジェスチャー使っていない人や初期設定のままで使っている人がいればこの設定に是非変更して使ってみてください。

操作性が劇的に良くなります。

 

関連記事

Chromeで履歴を残さずにサイトを見る方法

サイト内検索が超絶便利になるChromeの裏ワザを紹介します

スマートフォンのブックマークを自動保存したいならChromeがおすすめ

パスワードをよく忘れる人必見!Chromeを使えばパスワードを確認できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. ぷっち より:

    こんにちは!
    Gestures for Google Chrome 私も気に入って使っています。
    ただ、右クリック系のマウスジェスチャーを使う度に
    コンテキストメニューが表示されてしまって非常に鬱陶しいです。

    さる吉さんはどう対処されていますか?
    何か別の拡張機能でもあるのかな。。

    • さる吉 より:

      >ぷっちさん
      Chormeのマウスジェスチャーは反応があまりよくなく、ちゃんと反応してくれないということが多いので、正直Chromeはあまり使っていません。

      僕がメインで使っているのはFirefoxで、こっちだとちゃんとマウスジェスチャーが反応してくれるので、マウスジェスチャーがちゃんと動いてくれるというだけでFirefoxを使っています。

      Firefoxのマウスジェスチャーについても書いているので、一度試してみてはどうでしょうか?
      マウスジェスチャーの反応はChromeよりもいいはずです。
      http://ap-land.com/archives/9553

      • ぷっち より:

        さっそくのリプライありがとうございます。
        Firefoxをメインでご利用なんですね。
        納得しました。

        Firefox後でまた試してみます。^^

  2. ぴこりん より:

    数え 80歳の老婆です。 60歳過ぎてパソコンに興味を持って…60の手習い、でも教えてくれる人はいなくて、たまに来る娘婿の口添えだけが大きな先生!! 覚える事は、端から忘れ,ボケ老人の介護をしながら・・・ 自分自身のボケを感じ乍らやるって、どんな意義があるのかな~(´・ω・`)

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑