スマートフォンにキレイに保護フィルムを貼るコツ


公開日:  最終更新日:2017/03/19

スマートフォン・タブレットが普及してきたので、気泡が入りにくい保護シールなどがたくさん発売されているため、以前に比べ気泡が入らずに保護フィルムを貼るのは簡単になりました。

しかし、それでも気泡が入ってしまったりホコリが入ってしまったりなど、うまく保護シールを貼ることができない人のために、キレイに保護シールを貼るコツをお教えします。

 

スマートフォンにキレイに保護フィルムを貼る方法

今回保護シールを貼る機種はARROWS V F-04Eです。

保護フィルムにはほとんどの場合、保護の他に画面を拭くシートが付属しています。

siiru2

 

保護フィルムを貼る際に、部屋にホコリが舞っているとどれだけ画面をキレイに拭いても保護フィルムを貼る時に画面にホコリが付いてしまいます。

お風呂にはホコリがほとんどないので、部屋にホコリが舞っているようであればお風呂場で保護フィルムを貼りましょう。

 

①シールを貼る前に、画面をキレイに拭く

まず画面付いている指紋やホコリをシートで拭きます。

ホコリや汚れが付いているとキレイに貼れないので、汚れなどを拭きとって下さい。

siiru3

 

 

②保護シールを貼ります。(上の部分だけ)

シールの台紙が上と下に分かれているので、まず上の台紙を剥がして、上だけ貼ります。

保護シールを貼っている最中にホコリが入ってしまったら、手で取らず(手で触ると指紋が付くため)セロハンテープで取ると指紋が付きません。

siiru4

 

 

③下の部分の台紙を剥がす

下の部分の台紙を剥がすときは、上の貼りついている部分を押さえながら剥がして下さい。

押さえないと、全部剥がれてしまいます。

 

 

④気泡が入ってしまったら、外側に『つめ』で押していく

気泡が入らないシールでも気泡は入るので、つめで外側に押しやってください。

siiru5

 

 

⑤完成

siiru6

 

最近の保護シールは簡単に貼れるようになっているのでそんなに難しくないはず。

 

 

 

関連記事

子供に勝手にゲーム内課金をされないようにする方法

スマホ難民にならないための5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑