月額500円で92,000コンテンツが見放題のドコモのdTVで引きこもりになりそうな予感…


公開日:  最終更新日:2017/01/31

dtv

先日購入したChromecastを有効活用すべく、ドコモのdTVも登録しました。dTVは現在会員数が約500万人で映画・ドラマ・アニメの約20,000タイトル、92,000コンテンツが月額500円(税抜き)で見放題になるというドコモのサービスです。

 

dTVとは

dTVはドコモ回線のスマートフォンだけでなくdアカウントでログインすることでタブレット、パソコン、そしてChromecastやFireTVなどを使うことでテレビでも視聴可能です。また、最近はChromecastなどを使用しなくてもdTVを観ることができるテレビなども販売されています。

そして、ドコモユーザー以外の人でもdアカウントを取得することでdTVに登録できるようになっています。

 

見放題とレンタルがある

月額500円内で見れるものと、それ以外に数百円(作品によって価格が異なる)で見れるものがあります。パソコンの場合は画面の一番下に「レンタル」というリンクがあり、アプリの場合は右の方にあります。

レンタル作品は基本的に新しい映画が多くなっています。旧作は見放題で見て、新作はレンタルするというような感じです。

dtv2

dtv3

また、レンタル料金の支払いはドコモのスマートフォンを使っている人の場合、ドコモの使用料と合算するか、ドコモのポイントでも支払いをすることができます。ドコモのスマートフォンを使っていない人はクレジット決済となります。

dTVの動画をドコモのポイントを使って購入する方法

 

どんな動画が見れるの?

dTVで見れるジャンルは映画(洋画・邦画・アニメ・ショートショート)、テレビドラマ(国内・海外・韓流・華流)、アニメ、シアター(舞台や落語など)、音楽(プロモーションビデオ・LIVE・カラオケ)や携帯専用放送局として放送していたBeeTV(お笑い・マンガ・ドラマ)が見れるようになっています。

本数は92,000。これが月に500円で有名どころの映画も、もちろんあります。会員登録をしていなくてもどんな作品が見れるのかはdTVのサイトで確認できますので気になる方は確認してみて下さい。

dtv5

 

とくにhuluやNetflixのような他の動画配信サービスと違う点としては、シアターとマンガが見れるということです。

シアターは実際の舞台、そして落語も多数配信されています。

dtv6

 

またマンガはアニメではなくマンガを見ることができます。アニメのカテゴリは別にあり、「マンガ」というカテゴリでは絵に合わせて音声が吹き込まれています。紙芝居のような感じですね。

dtv7

 

「君の名は。」の新海誠監督作品の「言の葉の庭」や「秒速5センチメートル」など5作品も見放題でとなっています。

dtv9

 

dTVのみのコンテンツも

そして最近ではdTV専用での作品も配信されるようになりました。例えば進撃の巨人の映画で公開に合わせてdTVオリジナルの進撃の巨人が配信されたり、闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの公開に合わせて、ドラマ版闇金ウシジマくんSeason3のノーカット版を配信しました。

dtvsingeki

dtv4

huluもオリジナル作品を配信していますが、こういった定額制動画配信サービスは通常の映画を配信するというのは当然ですが、ここでしか見ることができないというオリジナルの作品にも力を入れてきています。これからはそういった差別化がよりされていくでしょう。

映画「デスノート Light up the NEW world」がもっと面白くなる”エピソード0”ドラマがhuluで配信中

 

視聴方法はダウンロードかストリーミングが選べる

ダウンロードかストリーミングの使い分けに関しては、Wi-Fiが使える環境かどうかによります。たとえば外出先でWi-Fiに接続ができない状態でストリーミングで映画をまるまる一本見るということが数日続くと、月のデータ容量が上限まで行ってしまうかもしれません。そうすると通信速度を制限されたり、制限されたくない場合は追加で料金を支払わないといけなくなります。

そうならないように外出先でdTVを見たい場合は自宅などWi-Fiに接続した状態でダウンロードしておけばデータ使用量を気にする必要が無くなります。つまり、Wi-Fiに接続できているときはストリーミングでOK、Wi-Fiに接続出来ないところで見たい場合はあらかじめダウンロードしておくことをおすすめします。

 

 

dTVの良い点

 

登録から31日間は無料

dTVは登録したその日から料金は発生しません。31日間使ってみてもし気に入らなければ退会することも可能です。

 

タイトルが豊富

最新の作品などについてはレンタルになっていますが、少し昔の作品であれば500円内で見れます。レンタルDVDで数本借りると500円以上いってしまうことがありますが、これならいくら見ても500円です。

 

返さなくていい

当然ですが返却しなくてもいいです。今まで普通にレンタルでDVDを借りていて、借りるのはいいけど返すのがすごく面倒でしたがこれは当然ですが返却する必要がありません。これは想像以上に楽です。当たり前だろうが!と怒られそうですが、返すのを考えなくていいのは本当に楽でした。

 

Chromecastに対応している

正直言うとChromecastにdビデオが対応して無ければ入会していなかったと思います。映画は好きでよくみますが、スマートフォンやタブレットで映画を見る気にはなれないのと、パソコンのモニターにしても14インチくらいなのであまりパソコンでも見る気にはなれませんでした。

しかしdビデオはChromecastに対応しているということでChromecastを使うことでdビデオの映像をテレビに映すことができるようになります。なのでわざわざDVDをレンタルする必要が無くなりました。

またストリーミングでChromecastに映し出しているときも途中で止まったりすることもほぼ無く、快適に見ることができています。

 

Chromecastについてはこちらの記事で詳しく書いています

Chromecastの設定方法紹介。とっても簡単でした。

Chromecastを購入したので箱の中身を紹介

 

また、Amazonから販売されているFireTVにもdTVは対応ししました。

ついにdTVがFireTV Stickに対応したので設定方法を紹介します

 

作品を途中から見れる

見ている作品を途中で止めたとしてもまたそこから再生することができます。

 

dTVの悪い点

アプリが使いづらい

パソコン用サイトはそんなことありませんが、スマートフォンでdTVのアプリがちょっと重たいのとレイアウトをもうちょっとよくしてくれないかなぁと思ってしまいます。

 

悪いところはこれくらいですが、欲を言うともっと500円内で見れる作品を増やして欲しいかなというところです。

 

最後に

dTVとChromecastの組み合わせは最高ですね。ほんとにDVDをレンタルする必要が無くなりました。もちろん見たい映画がdTVにない場合もありますがそんな時はGooglePlayから数百円でレンタルすることも可能なのでもう今後はDVDのレンタルはしなくなるかもしれません。

またdTVは何度も言うようですが500円なので、良く映画を見る人だったら普通にレンタルするよりもdTVの方が安くつきます。

ということでこれから映画を見る時間が増えそうです。ひきこもりになりそうな予感…

 

■dビデオは2015年4月22日にdTVへと変わりました

動画配信サービス「dTV」

 

▼ChromecastがあるとdTVが数倍楽しくなります

Chromecast|Googleストア

 

関連記事

dTVのアプリ基本操作方法-自動再生方法、ポイントで支払い、ダウンロード方法など

Chromecastの設定方法紹介。とっても簡単でした。

dビデオとHuluどっちがいいの?価格・内容サービス比較

プライム会員であれば”実質無料”で映画が見放題になるプライムビデオの凄さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑