Googleカレンダーに住所と電話番号を登録しておくとワンタップで表示できるので便利


公開日: 

calendar

Googleカレンダーにはタイトル・住所・詳細を入れるところがあり、住所のところに行き先の住所や名所の名前を登録しておくとワンタップでその場所をGoogleマップで表示してくれたり、詳細のところに電話番号を入れておくとわざわざ番号を入力しなくても電話をかけることができます。

 

住所と電話番号を入れる場所

Googleカレンダーを開き、新規登録画面を開くと「タイトル」「場所」「内容」の入力画面が表示されます。

calendar2

タイトルに「東京タワーに行く」、場所そのまま「東京タワー」といれました。もちろん住所を入れても大丈夫です。また詳細に電話番号を入れました。

※電話番号は架空の番号です

calendar3

登録した画面はこうなります。

calendar4

場所(東京タワー)をタップすると、マップが開き東京タワーの場所が表示されます。

calendar5

そして電話番号をタップすると、コール画面が開くのでそのままタップして電話をかけることができます。

calendar6

その場で地図で場所を検索したり、電話番号を調べたりなどはその時にするよりも事前に調べておいたほうがあたふたしなくていいですね。

またこの方法は1日に色々なところに訪問する営業職のような方におすすめです。

 

関連記事

Androidスマホの色々なGoogleサービスの同期設定

Googleカレンダーを同期するとパソコンとスマートフォンのどちらでも確認できる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑