マウスをできるだけ使わずキーボードだけを使うと操作速度が何倍も速くなる


公開日: 

key

パソコンの操作をラクにしてくれるショートカット。このショートカットを使うのと使わないのでは操作速度が全然違います。それはもう雲泥の差です。

マウスをできるだけ使わず、キーボードで操作するようにすることで使っていなかったときに比べて数倍操作が速くなります。そこで今回はさる吉がよく使っているパソコンのショートカットを使用頻度が多い順に紹介したいと思います。

 

パソコンの操作速度が速くなるショートカット

1位:Alt + Tab(ウィンドウの切り替え)

Altを左手親指で抑えながら、人差指でTabをポンポンと押してみてください。下のような小さなウィンドウが表示され、Tabを押すごとに選択されているソフトが切り替わります。

window

現在開いているソフトに切り替えたいときは普通そこまでカーソルを持ってきてクリックしますが、Alt + Tabを使うことでマウスを使わなくてもソフトの切り替えをすることができます。ちなみに逆回しはAlt + Tab + Shiftです。

window2

「Alt + Tab」は最初は何のことやらわからないかもしれませんが、慣れてくるとウィンドウの切り替えがものすごく速くなるので一番使用頻度が高く、そして一番便利なショートカットです。

 

2位:ウィンドウズキー + D(デスクトップを表示)

デスクトップを見たいとき、現在開いているソフトをわざわざひとつずつ閉じてたり、ウィンドウを小さくしていませんか?

そんなことをしなくてもウィンドウズキーを押しながらDを押すと一発でデスクトップ画面を開くことができます。

※ウィンドウズキーとはCtrlのとなりにあるWindowsの旗マークが書いてあるキーのことです。

window3

 

3位:Alt + S(メールの送信)

メールを送信するときに、「送信ボタン」をクリックしていませんか?

送信ボタンをクリックしなくてもAltを押しながらSを押すとメールの送信ができます。

mail

 

4位:Tab(入力窓の切り替え)

パソコンで会員登録をしたりするときに、名前や住所を入れたりするときに次の入力窓に行くのにマウスを使わなくても「Tab」を押すだけで次の入力窓までカーソルが移動します。

わざわざマウスで次の入力窓をクリックするのは面倒だし時間もかかります。そんなときはTabを使いましょう!

tab

※画像は楽天会員登録画面

 

 

5位:Alt + F4(ソフトを閉じる)

ソフトを閉じるときに、右上の「×」をクリックしなくてもソフトを閉じることができます。それは「Alt + F4」です。

Altを押しながらF4を押すことで現在開いているソフトを閉じていくことができます。そしてソフトをすべて閉じ終わったあとにさらにAlt + F4を押すと下の画像のようにシャットダウンのウィンドウが表示されます。あとは「Enter」を押すとシャットダウンができます。

shatdown

 

パソコンの操作が遅い人が速くなるには

パソコンの操作が遅い人の共通点はマウスをよく使っているということです。

マウスをわざわざ該当のところへ持っていきクリック。ということをしなくてもキーボードだけで操作をすることもできます。

マウスをできるだけ使わずキーボードだけで操作できるようになると、マウスですべて操作していたときの何倍も速くパソコンを操作することができるようになるので、パソコンをもっと早く操作したいと思っている人やラクに操作したいと思っている人は、できるだけマウスを使わずキーボードだけで操作できるようにショートカットをたくさん使ってみて下さい。

 

 関連記事

使えるエクセルのショートカット一覧

パソコン操作の作業効率を劇的に上げるための3つの方法

変換間違いをしても打ち直しする必要はない

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑