Chromeウェブアプリからインストールした3つのアプリでスマホの連携が非常に便利になった


公開日: 

webapp

Chromeにはウェブストアというのがあり、スマートフォンのアプリのようにアプリをインストールできます。もちろんアプリをインストールしなくてもブラウザから開いてもいいのですが、アプリを入れたほうが便利だなと感じたアプリが3つあったので紹介したいと思います。

 

Chromeウェブアプリとは

Chromeウェブストアからインストールできるアプリで、スマートフォンのアプリと同じような感覚で使用できます。起動は普通のソフトと同じようにスタートから起動もできますし、その他にChromeやChromeランチャーからの起動も可能です。

 

webapp2

ChromeランチャーはChromeからウェブアプリをインストールすると自動的にデスクトップにショートカットが作成されます。

 

また、このChromeアプリは同じGoogleアカウントでChromeにログインしていると、1つのパソコンにインストールするだけで他のパソコンにも自動でインストールされているためパソコン同士の連携にも役立ちます。

 

スマホとの連携が便利になったアプリ

紹介しているアプリはすべて、パソコン・スマートフォンどちらからでも同じものが表示されるようになります。

▼Google Keep

keep

簡易型のクラウドメモアプリ。メモアプリは他にもたくさんありますが、簡単なメモができるアプリではGoogleKeepが一番使いかったアプリです。
Googleのクラウドメモアプリ『GoogleKeep』がシンプルで使いやすい
 
◆インストールはこちらから
パソコン版
スマートフォン版

 

▼Poket

Pocket
Pocketは後で読みたいと思ったページを保存するアプリです。今は見る時間がなく後で見たい時にPocketに保存していると、スマートフォン・パソコンどちらからでも見ることができるため、パソコンで見ていて外出先でスマートフォンで見るようなことが簡単にできます。
日本語対応したあとで見るアプリ『pocket』がすごく便利!
 
◆インストールはこちらから
パソコン版
スマートフォン版

 

▼Any do

anydo
ToDoリストが作成できるアプリ、今日やることや明日やることそして近日中にやることのリストを作成することができます。
 
◆インストールはこちらから
パソコン版
スマートフォン版

 

最後に

今回紹介したアプリはスマートフォンではアプリを入れないとちょっと使いづらいと感じることがありますが、パソコンではアプリを入れなくとも普通にサイトを開いても使えます。使いづらいということもあまりありませんでしたのでこれまで必要性を感じていなかったためインストールしていませんでしたが、ブラウザを開いてGoogle Keepを開くというよりも、アプリとして独立している方が何かと便利だなと感じました。

他のPCにも自動的に追加されているというところも便利だし。

また、パソコンにインストールするにはChromeからしないといけないためChromeをまずインストールして下さい。

 

関連記事

Googleが開発したPC、Chromebookの凄さ

マウスをできるだけ使わずキーボードだけを使うと操作速度が何倍も速くなる

スマホ難民にならないための5つのポイント

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑