Playストアから購入した有料アプリをキャンセルする方法


公開日: 

play

Playストアから購入したアプリをキャンセルできる時間が15分から2時間に伸びました。その仕様変更により有料アプリを購入し、試しに使ってみてやっぱり必要なかったなという場合は購入から2時間までならキャンセルすることができるため以前より購入しやすくなったとも言えます。

 

2時間以内にキャンセルした場合は請求が行われない

アプリ購入から2時間以内にキャンセルした場合は料金は発生しません。

 注文後 2 時間以内に注文をキャンセルした場合、クレジット カードやデビットカードへの請求は行われません。明細書に記載される取引は、承認情報のみです。

アプリの購入をキャンセルする

 

つまり一度支払った金額が帰ってくるというわけではなく、そもそもの請求がないということみたいです。もちろん購入から2時間立った場合はキャンセルはできません。

有料アプリのキャンセル方法

Playストアを開き、①Playストア→②マイアプリ

play2

 

マイアプリから購入から2時間以内のキャンセルしたいアプリを開くと、払い戻しという項目が表示されています。もし2時間以上立っている場合は払い戻しは表示されません。

play3

 

払い戻しをタップすると下のような案内が表示されるので「はい」を選択するとアプリはアンインストールされ請求が来ることもありません。

play4

 

なぜキャンセル時間を伸ばしたのか?

これは推測ですが、有料アプリが今よりもっと売れるように時間を伸ばしたのだと思います。

冒頭でも書きましたが、試す時間が今までより長くなることで今まで購入まで踏み出すことができなかった人も一回試してみてダメだったらキャンセルできるという安心感で有料アプリの販売率が伸びる可能性は大いにあります。

 

これはアプリ販売者・ユーザーどちらにもメリットがありそうな仕様変更ですね。

 

関連記事

子供が使っているスマートフォンに制限をかけたり、どんな風に使っているかを知る方法

スマホの辞書ツールによく使う単語を登録すると入力がラクになる

Androidアプリの自動更新をONにしている場合、パケット量に注意しよう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑