iPhone6のおもいっきりダサいCMのワケとは


公開日: 

iPhone6

Appleの製品というと最先端の無駄のないシンプルなデザインで人気です。

今回のiPhone6もカメラの部分が出っ張っているというところで納得いかないという声も聞きますが、それでもシンプルでカッコイイデザインです。ただCMが「デデーン」とアカペラで歌っていてものすごくダサい。この意図は何でしょうか?

 

CMがダサくてもそれでもiPhone6はカッコイイ

iPhone6のCMをまだ見ていない方は下の動画をご覧ください。

 

どうですか?ものすごくダサいですね。今までiPhoneはCMまでもがカッコ良かったです。でも今回はダサい。いや普通にダサいなんてもんじゃありません、ものすごくダサいです。

海外でも頭を抱えて悩んでいる人もいるくらいダサいです。でもなぜカッコ良さで売り続けてきたAppleがこんなダサいCMを作ったのかというと、

 

『CMがものすごくダサかったとしても、それでもiPhoneはカッコいいでしょ。』

 

というメッセージなのかもしれません。今までCMもiPhoneも非常にカッコいい宣伝のやり方でしたが、こんなダサいCMで宣伝したとしてもiPhoneが売れる自信があるということでしょうね。なかなか他の企業では真似できないことだと思います。

そう考えるとやっぱりAppleってすごいなあと感じたCMでした。

 

関連記事

Android→iPhoneに機種変更することで使えなくなる機能とは

さすがSoftBank!渡米中のiPhone6の料金が日本と同等で使える「アメリカ放題」がすごい!

auの新料金プラン「カケホとデジラ」はどんな人がお得になるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑