GALAXY Note Edgeのエッジスクリーンはスマホのスタンダードになるのかもしれない


公開日: 

GALAXY

2014年10月23日にdocomoなどから発売される「Galaxy Note Edge」はスマートフォン初のエッジスクリーンという機能を搭載してます。エッジスクリーンとはパソコンで言うタスクバーのようなもので画面いっぱいにブラウザなどを開いていてもホームボタンに戻ること無く違うアプリを開いたりすることができます。

 

エッジスクリーンで何ができるのか?

GALAXY2

エッジスクリーンにはアプリのショートカットや時計、タイマー、素早く電話をかけることができるクイック通話などを表示することができます。

エッジスクリーンの最大の特徴は何と言っても次の動作をする場合、一度ホームボタンに戻ってアプリを開くということをしなくても、エッジスクリーンに表示しているアプリをタップしてそこから次の操作ができるということです。

例えばYouTubeで動画を見ていたときに次に電話をかけようと思ったら一度ホームに戻り、電話をかけるためのアプリを開かないといけませんが、エッジスクリーンに電話のアプリを表示していればホームに戻ること無く電話をかけることができるのです。

 

一度ホームに戻らなくてもいいのはイイ!

パソコンではタスクバーがあり、全体にソフトが立ち上がっていたとしても、タスクバーにソフトをショートカット作っていればそこから開くことができます。でもスマートフォンの場合はそれが今までSidebarなどのアプリを入れていないとできませんでした。

それができるようになるエッジスクリーンはこれからスマートフォンのスタンダードになるのかもしれません。エッジスクリーンを他のメーカーが使用する場合は特許が絡んでくるでしょうけど、Samsung自体はこれからもエッジスクリーンをスタンダードとして使用してもおかしくないんじゃないかと思います。

 

最後に

スマートフォンの新製品はこれまでスペックがどれだけ向上したかというところで勝負してきましたが、これからはこのような新しい技術を提案していく時期になってきました。

Samsungが考えたエッジスクリーンはとても面白い技術だと思います。日本メーカーもこのような面白い新しい技術を開発して欲しいものですね。

 

GALAXY Note Edge

 

関連記事

アプリの切り替えがラクになるサイドバーアプリ『Sidebar』

Android5.0,Lollipopは何が変わるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑