iPhone/iPadのデータをiTunesでバックアップ・復元する方法


公開日: 

iPhoneやiPadをパソコンに接続してiTunesでバックアップをしていると、買い替えたときにデータをそのまま戻すことができます。

 

iPhone・iPadのデータをバックアップする方法

まずiPadをパソコンに接続し、iTunesを開きます。

①iPhoneやiPadを接続すると、①のマークが表示されるのでそのマークをクリック

②このコンピュータにチェックを入れ、ローカルのバックアップを暗号化にもチェックを入れます。

ローカルのバックアップを暗号化にチェックを入れバックアップをすると、メールアカウント・Wi-Fi ネットワーク・ウェブサイト・一部のアプリで入力したパスワードもバックアップされるようになります。

③パスワードを決め、決めたパスワードを2回入れパスワードを設定をクリックするとバックアップが始まります。

 

ipadbackup

 

バックアップはこれで終わりです。

 

バックアップしたデータを復元する

パックアップを復元する際に、iPhoneを探すがオンになっている場合は復元ができないためオフにしてください。

▶iPhoneを探すをOFFにする方法

設定→iCloud→iPhoneを探す(iPadを探す)→オフにする

 

①バックアップを復元→②復元したいデータを選択(iPhoneで使用している名前が表示されます)→③復元

 

ipadbackup2

 

バックアップをしたときに決めたパスワードを入力し、OK。

ipadbackup3

 

あとはデータが復元されるのを待つだけです。

 

関連記事

iPad Air2のデータの空き容量を調べるには

iPhone、iPadの写真はiCloudではなくOneDriveにバックアップが超絶便利

iPhoneやiPadの画像だけをパソコンに保存する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑