バッファローの無線ルータにMACアドレスを登録した機器だけしか接続できないようにする方法


公開日:  最終更新日:2017/03/17

Windows・MacなどのパソコンやiPhone・Androidなどのスマートフォンなどインターネットに接続できる機器は「MACアドレス」という機器を識別するために登録されている番号があります。無線ルータにはセキュリティを高めるため、MACアドレスを登録した機器しかWi-Fi接続できないようにする機能があります。

 

MACアドレスを登録した機器しかWi-Fi接続できないようにする方法

まずルーターのIPアドレスを調べ、バッファローのルーターの場合『192.168.11.1』。

最新のバッファローのルータは違う場合もありますが、ルータの裏側にシールが貼られていてそこに書いてあります。

DSC_0003

 

この場合『192.168.11.1』だったのでInternetExplorerを開いてアドレスバーに192.168.11.1と入力しEnter。

※ユーザー名:admin、パスワード:passwordの場合もあります

baffaro2

ログインできたら→無線設定を開き、

①制限するにチェックを入れる→②設定をクリックし、MACアドレスを登録した機器しか接続できないようになります。

③接続したい機器のMACアドレスを登録します。

macad

 

登録するMACアドレスの欄に接続したい機器のMACアドレスを「00:11:22:33~」のように入力し、新規追加をクリックし機器を登録します。

macad2

これで登録した機器はWi-Fiで接続できるようになります。

 

各機器のMACアドレスを調べる方法

それではここからは各機器のMACアドレスを調べる方法です。Windowsの場合コマンドプロンプトという黒い画面を表示しMACアドレスを確認します。

 

▶WindowsのMACアドレスを確認する方法

コマンドプロンプトはPCのスタート→検索でコマンドプロンプトもしくはcmdと検索すると表示されます。

コマンドプロンプトを開いたら、「ipconfig/all」と入力しキーボードのENTERを押すと

cmd

 

Wireless LANやWi-Fiなどの欄に表示されている「物理アドレス」がそのPCのMACアドレスになります。

cmd2

 

▶AndroidのMACアドレスを確認する方法

設定→Wi-Fi→①設定(3つの点が縦に並んでいるところ)→②詳細設定

mac3

詳細設定を見るとしたの方にMACアドレスが表示されています。

mac4

 

▶iPhoneやiPadのMACアドレスを確認する方法

設定→一般を見るとWi-Fiアドレスと表示されているのがMACアドレスになります。

mac5

 

最後に

このように機器によってMACアドレスの表示名が違います。そしてMACアドレスとは「Media Access Control address」の略で、AppleのMacだからMACアドレスというわけではありません。WindowsやAndroidはもちろん。PSPやNintendoDSなどのゲーム機にもMACアドレスは存在します。

一般家庭では無線ルータにMACアドレス制限をする必要はありませんが大事な情報を扱っていて外部から接続を絶対にされないようにする場合、接続制限をかけセキュリティを高めるという意味で使用することもあります。

 

関連記事

パスワードをよく忘れる人必見!Chromeを使えばパスワードを確認できる!

スマートフォンに入れておくと便利で実用的なアプリの紹介

知っていると便利なGoogleの検索方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑