Googleが発表した新しいコンピュータChromebitとは?


公開日: 

chromebit

Googleが発表したUSBメモリのようなスティック型のコンピュータ「Chromebit」はHDMI端子に挿してマウスとキーボードを使用するとすでに販売されているChromebookのようにパソコンとして使うことができます。

 

テレビやモニターがあれば使える

chromebit2

テレビやモニターにあるHDMI端子にChromebitを挿すと、それがパソコンになります。OSはWindowsではなく「Chrome OS」です。今販売されている液晶テレビにはHDMI端子は必ず付いているためこれが使用できないということはありません。

 

▶主なスペック

CPU:Rockchip 3288

メモリ:2GB(RAM)

ストレージ:16GB

・USB2.0ポート

・Bluetooth4.0

・Wi-Fi対応

 

Chromecastとどう違うの?

chromecast6

Chromebitに形が似ているChromecastというデバイスがありますが、Chromecastはスマートフォンやタブレットなどの画面をモニターやテレビなどに映し出すというもので、つまりスマートフォンで見ているYouTubeなどをテレビなどの大きい画面で見たいというときに使うもの。

それに対しChromebitはモニターやテレビがパソコンになるというものです。そして価格も100ドル以下ということで、非常に魅力的です。

 

関連記事

Chromecastの設定方法紹介。とっても簡単でした。

dマガジンを読むならiPad Air2がおすすめ

月額500円で92,000コンテンツが見放題のドコモのdビデオでひきこもりになりそうな予感…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑