dビデオ→dTVになって変わったことと感じたこと。ちょっとだけ操作性が良くなりました。


公開日: 

月額500円で映画やドラマなどが見放題になる(有料レンタルもあり)ドコモのdビデオが2015年4月22日から「dTV」となりました。

 

dTVになって変わったこと

dtv

dビデオは92000コンテンツが月額500円で見放題になるというとても素晴らしいサービスですが、dビデオの操作画面はとても使いづらく、動作も重たいため映画などを探すのがサクサクいきませんでした。

YouTubeアプリの使いやすさに慣れていたので、より一層その使いづらさが際立っていました。操作画面ををYouTubeのように使いやすく変えて欲しいとずっと思っていたところ、本日dTVへ変わり、アプリもdTVへと刷新されました。

 

▶インターフェイスが変わった

トップページにはひとつひとつの動画が大きく表示され、その動画を画面の一番上にまで持ってくると自動的に予告編が再生されるようになりました。

dtv2

この画像では予告編動画がかなりブレてますが、予告編が流れています。そしてクリップマークをタップすると後で見るへ追加されるようになっています。

 

▶dTVターミナルが使えるようになった

dtv3

dTVターミナルとはdTVやdアニメストアなどの動画をテレビに映すことができるという商品です。Chromecastがあれば同じようにテレビに映すことができますが、持っていない人にはdTVターミナルということでしょうか?

 

このdTVターミナルは7,538円(税込)で購入することができます。

 

dTVを使ってみた感想

dTVターミナルが使えるようになったというのが一番の変わったところのようです。dTVターミナルを使うことでテレビを操作しているようにdTVが楽しめるようになったと…

 

でもdTVターミナルを持っていない人にとっては、アプリの操作画面が変わった”だけ”です。”だけ”ですが、予告編が自動で流れるようになったり左・右のスワイプで洋画や邦画などの切り替えができるようになったりなど、操作性はすこしだけ良くなりました。

YouTubeアプリに比べればまだまだ全然ですが…

そしていろいろとdTVを見ていると予告編をたくさんみることができます。予告編をたくさん見ると当然ながらデータ量をたくさん使ってしまうことになるため、予告編を流すのはWi-Fiに接続した時だけ再生するという設定もすることができるため、その設定をおすすめします。

 

ということでdTVターミナルを持っていない人からすると、dビデオからかわったことはちょっとだけ操作性が良くなったというところでした。AndroidのYouTubeアプリの操作性は素晴らしいんだなと改めて気づいた瞬間でした。

「dTV」

 関連記事

Chromecastの設定方法紹介。とっても簡単でした。

dビデオとHuluどっちがいいの?価格・内容サービス比較

月額500円で92,000コンテンツが見放題のドコモのdビデオでひきこもりになりそうな予感…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑