防水規格IPXって何?スマホが防水対応していると言っても対応の度合いがあります


公開日: 

海外製のスマートフォンで防水対応というのは少ないですが、日本製の場合ほぼ防水に対応しています。ただ防水に対応しているからと言ってお風呂の中にポチャンと落としていいわけではありません。詳しく言うと落としてもいいものと悪いものがあります。

 

防水規格IPとは?

ipx

スマートフォンのスペック表を見てみると「IPX5/IPX7」や「IPX5/8」などと表記されています。これは一体何なのかというと、簡単に言うと防水性の高さです。0~8段階まであり(第一記号は0~6)、数字が大きいほど防水性が高い製品となります。

 

そしてIPの後ろに付いている「X」ですが、Xはテストをしていない、もしくは対応していない場合。防塵もしくは防水性能だけを表記したい場合に「X」の表記をしています。つまり正式な規格は「IP(International Protection)」となります。

 

表記方法は「IP△◯」となり△が防塵、◯が防水となります。「IPX5」の場合、防塵はテストをしていないもしくは表記なし。防水は5等級となります。もし防塵にのみ対応している場合または防塵のみの表記の場合は「IP5X」などと表記されます。

 

等級とは?

それでは等級を見てみましょう。等級には第一記号(防塵)と第二記号(防水)があります。

▶第一記号(人体および固形物に対する保護等級)

0…対応なし

1…50mmより大きい固形物に対する保護

2…12.5mmより大きい固形物に対する保護

3…2.5mmより大きい固形物に対する保護

4…1.0mmより大きい固形物に対する保護

5…防塵形(粉塵が内部に侵入することを防止する)

6…耐塵形(粉塵が内部に侵入しない)

 

▶第二記号(水の侵入に対する保護等級)

0…対応なし

 

1…滴下する水に対する保護

スマートフォンを垂直に置いているときに落ちてくる水くらいなら大丈夫

 

2…15°傾斜したとき、落下する水に対する保護

スマートフォンを15°に傾けている状態で落ちてくる水くらいなら大丈夫

 

3…噴霧水に対する保護

60°範囲以内からの霧状に落ちてくる水くらいなら大丈夫

 

4…飛沫に対する保護

360°どの方向からくる霧状の水なら大丈夫

 

5…噴水流に対する保護

どの方向からでも水がかかっても大丈夫

 

6…波浪に対する保護

どの方向からでも強い水がかかっても大丈夫

 

7…水中への侵漬に対する保護

深さ1mで30分、水に浸かっても大丈夫

 

8…水没に対する保護

等級7より厳しい条件で水に浸かっていても大丈夫

 

お風呂に絶対に落とさない!自信がある人であれば5以上。滑って落としてしまうかも?という不安がある人は7以上でないとお風呂で使うのは怖いですね。

 

Xperia Z4で見てみる

XperiaZ4

防水/防塵:IPX5/8 /IP6X

 

防水に2つの数字がありますが、噴水流に対する保護(どの方向からでも水がかかっても大丈夫)そして水没に対する保護もされています。そして防塵は耐塵形(粉塵が内部に侵入しない)まで対応しています。

 

つまりこんなことが起きても大丈夫

23_Xperia_ZR

SONYのサイトでは「常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します」と表記されています。

常温の水道水で実験しているため、お風呂の中に30分浸けた場合の保証はしていませんのでここは注意が必要です。

 

最後に

スマートフォンのスペック表で防水対応◯。の表記だけを見て防水だから何やっても大丈夫と思ってはいけません。

防水対応とは言っても度合いがありますのでちゃんと防水の等級を見て水に対する対応をしないといけません。

 

関連記事

iPhoneよりやっぱりAndroidがいいと思った理由

スマホが水没してしまった場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑