スティック型のPCは今後とてつもない可能性を持っていそうな予感


公開日: 

intelpc

現在デスクトップ型やノートパソコン型が主流ですが、今後このようなスティック型のPCもその中に入ってくるかもしれません。

 

Windows8.1搭載 「Intel Compute Stick」とは

intelpc2

直径103mmと小さく、USBメモリと間違えるくらいの大きさのパソコンです。もちろんこれだけではパソコンとしては使えません。別売りのモニターやテレビなどに挿し込むことでそのモニターやテレビがパソコンとして使うことができます。

 

▶スペック

  • OS:Windows 8.1 32bit
  • CPU: Atom Z3735F(クアッドコア、1.33GHz、 2MB キャッシュ)
  • グラフィックス:Intel HD Graphics、HDMI 1.4a×1搭載
  • メモリ:2GB DDR3L-1333MHz
  • ストレージ:32GB eMMC
  • 無線:IEEE 802.11 b/g/n Bluetooth 4.0搭載
  • インターフェース:USB 2.0(Type A)×1、Micro SD(SDXC対応)、Micro USB(電源専用)

 

データが保存できるストレージは32GBと少ないですが、Micro SDカードに対応しているのでそこに保存することもできますし、WindowsなのでGoogleドライブやOneDriveなどのクラウドへデータを保存することもできるので、そんなに困ることはないかと思います。

ただしUSBポートが1つしかないため、操作に必要なマウスとキーボードはBluetoothで接続するのが無難です。もし足りない場合はUSBハブが必要になります。

 

キーボードにタッチパッドが付いているものもあるので、こういうキーボードが便利だと思います。

 

 

 

スティック型PCの利点

1.持ち運び安い

例えば出張でパソコンを持って行く場合はノートパソコンやタブレットが主流ですが、これは持っているのも忘れるくらいの小ささです。これだけ持って行って出張先のホテルのテレビに差し込めばそのテレビがパソコンになります。

2.部屋が狭くても大丈夫

部屋が狭くてパソコンを置くスペースがないという場合でもテレビがあればそれに挿すだけです。

3.安い

このIntel Compute Stickは2万円台で購入できます。一般的なパソコンに比べるとスペックは落ちますが、サブPCとしては十分なレベルです。

 

最後に

技術の進化により、部品をここまで小さくすることができるようになりました。

これだけ小さければ今までコンピュータの機能を持っていなかった製品に使うことでコンピュータの機能を持たせることができるようになるため、スティック型のPCは今後とてつもなく可能性を秘めているはずです。

 

関連記事

Googleが発表した新しいコンピュータChromebitとは?

USBメモリを使うよりも便利『Googleドライブ』の使い方・共有方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑