ドコモ Xperia Z4 SO-03G開封の儀


公開日:  最終更新日:2015/06/26

experia

2日前にドコモオンラインショップで購入したXperia Z4 SO-03Gが届いたので同梱物などを紹介したいと思います。

 

ドコモオンラインショップから購入したXperia Z4の中身

箱は本体よりちょっと大きいだけ、スマートフォンはこれで4台目となりますが、だんだん箱が小さくなってきています。

experia3

 

Xperia Z4 SO-03Gの箱の中にはこれだけ入っていました。

experia2

・本体

・取り扱い上の注意事項が書かれた用紙

・クイックスタートガイド

・テレビを見るときに使うアンテナケーブル

このアンテナケーブルはイヤフォンの差込口に挿し、そのケーブルの先にはイヤフォンジャックがあるのでその先にイヤフォンを付けることができます。また充電器は付属していませんので初めてAndroidスマートフォンを購入された人は別売りで買わないといけません。

今までMicroUSBケーブルで充電していた人はそれで充電可能です。

 

その他の同梱物

experia4

ドコモオンラインショップで購入すると、SONYのイヤフォン(MDR-EX110LP/B
)とドコモダケオリジナル防滴ポーチが入っていました。防滴ポーチにスマートフォンを入れ首から下げることができます。

この特典はオンラインショップで購入した人のみになっていて、イヤフォンは先着4,500人、ポーチは先着20,000人限定となっています。2015年6月13日現在イヤフォンは終了していましたので、販売から3日間でドコモオンラインショップで4,500人が購入したということになります。意外に売れててびっくりです。

 

sim

そしてSIMカード(ドコモnanoUIMカード)今までXperia Z1 SO-01Fで使っていたSIMカードでは対応しないようです。Xperia Z1 SO-01FはLTE-Advanced技術を利用した下り最大225Mbpsの超高速通信「PREMIUM 4G」に対応していなかったのでそのためでしょう。

 

Xperia Z4 SO-03Gの外観

experia1

 

experia7

 

experia6

右サイドには電源・ボリューム・カメラのシャッターボタンがあります。

 

experia8

左サイドにはSIMカードとMicroSDを入れるところがあるだけでボタンなどはありません。

 

experia9

上部にはイヤフォンジャックがあります。そして画像の左側にある小さな穴ですが、通話の相手が聞き取りやすいようにノイズを抑制するマイクが付いています。

 

experia10

下部にはMicroUSB接続端子があり、充電やPCに接続するときにMicroUSBケーブルを挿しこみます。またXperia Z4は防水に対応していますがイヤフォンジャックやMicroUSB接続端子は穴が開いていますが、キャップレス防水とのことですので水が入っても大丈夫な設計になっています。

ただし、MicroUSB接続端子に水が入っている状態で充電すると故障する可能性があるため乾いた状態で充電するようにしましょう。

そして画像左側にある平たい穴はストラップを付けれるようになっています。

 

▶充電中

experia11

MicroUSBを挿して充電します。

 

experia12

充電中は左上のランプが光ります。またメールやLINE、着信がなどがあったときにもここのランプが光るようになります。

左からインカメラのレンズ、SONYロゴ、顔を近づけたときに画面のオン・オフを切り替える接近センサーがあります。接近センサーには周りの明るさを判断し自動で画面の明るさを調整するという機能もあります(明るさを自動調整の設定にしているときのみ)。

 

SIMカードMicroSDカードの入れ方

experia13

本体の裏面を上にします。カバーを開け、トレイを爪で引っ張り出します。

 

experia14

このようにトレイは完全に取り外すことができます。上にSIMカード(ドコモnanoUIMカード)、下にMicroSDカードを乗せます。

 

experia15

これまでXperia Z1 SO-01Fを使っていましたが、そのときに使っていたSIMは使えないみたいなので新しいSIMカードがついてきたのでそれを乗せます。

 

experia16

背面を上にした状態でカードが乗っている方が上です。あとはトレイを置くまで押し込んでカバーを閉じれば完了

 

Xperia Z1 SO-01Fとの比較

今からおよそ1年8ヶ月に販売されたXperia Z1 SO-01Fとの比較です。

experia17

左のホワイトがXperia Z4、右のブラックがXperia Z1。画像ではわかりにくいですがXperia Z1の方が少し大きいです。

 

experia18

横から見るとXperia Z1がちょっとだけ出ています。

 

experia19

右サイド:電源・ボリューム・シャッターボタンの配置は同じですが、Xperia Z1には右側にSIMカードの差込口がありました。

 

experia20

左サイド:Xperia Z4はSIMカードとMicroSDカードの差込口が一緒になっていますが、Xperia Z1は右側にSIMカード左側にMicroSDカードの差込口があります。

 

experia21

下部:Xperia Z4はMicroUSB接続端子があります。Xperia Z1ここがスピーカーになっていました。

 

Xperia Z4を持ってみた感想

縦幅は少し伸びましたが、横幅が短くなり少し薄くなったためかなり持ちやすくなりました。またXperia Z4 SO-03Gは約144g、Xperia Z1 SO-01Fは約約171g。約30gの差ですが、かなり軽くなった感じがあります。

サイズが小さくなってスペックが大幅に向上したXperia Z4。約1年半年でかなりの進化を感じました。

初期設定などは後ほど更新したいと思います。

 

Xperia Z4おすすめカバーフィルム

 

 

 

関連記事

Xperia Z4は買いなのか?1週間使ってみて感じた良い点と悪い点

ドコモ Xperia Z4 SO-03Gの初期設定と開通の手続き方法

Xperia Z4用の強化ガラスフィルムは貼りやすく気泡も入らない

Xperia Z4が滑りやすかったがシリコン製の背面フィルムで滑りにくくなった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑