新しいKindle Paperwhiteは300ppi高精細ディスプレイだけどKindle Paperwhiteの良さとは?


公開日: 

kindle

新型のKindle Paperwhiteが発表され、2015年6月30日から販売されます。小さな文字もくっきりキレイになりました。金額は14,280円~。

 

Kindle Paperwhiteの特徴

kindle2

スマートフォンやタブレットでもKindleで購入した電子書籍は見ることができます。スマートフォンしか持っていない場合は画面が小さいので本を読みにくいということはありますが、iPadなどのタブレットを持っていてばKindle Paperwhiteは必要ないかもしれません。

しかし、Kindle Paperwhiteはスマートフォンやタブレットとは違う本を読むためだけに作られた端末なのです。

 

特徴1.紙と間違うくらいの画面

kindle3

スマートフォンやタブレットは画面が光っています。ずっと見ていると目が痛くなったりすることがありますが、Kindle Paperwhiteは本物の紙とほぼ同じような画面です。まるで画面に文字が印刷されているかのような感覚になります。

 

特徴2.画面の照らし方の違い

スマートフォンやタブレットの場合は目に向かって光を放ちますが、ディスプレイの表面を照らすので目が疲れにくくなります。

 

特徴3.画面が反射しない

上の画像を見ると一目瞭然ですが、画面が光っていません。晴れて天気が良いときは画面に太陽の光が当たり画面が見にくくなりますが、Kindle Paperwhiteは光が当たったとしても画面が反射してみにくくなるということがありません。この違いは実際にKindle Paperwhiteを持ってみると凄く違いがあり、格段に文字が読みやすいです。

 

特徴4.通知が来ないので読書に集中できる

スマートフォンやタブレットで読書をしていると、いきなりピコーンとTwitterやFacebookの通知が来たり、電話がかかってきたりなど読書を妨げることがありますが、Kindle Paperwhiteは読書専用端末なので通知が来たりすることがありません。

 

特徴5.無料で3G回線が使える

Wi-Fiは自宅にその環境があれば使えますが、3GタイプのKindle Paperwhiteは無料で使用することができます。追加で通信費がかかることがありません。ただし読書状況の同期やコミックや雑誌などのダウンロードなど通信量が多いようなものはWi-Fiに接続した時にしかできないようになっています。小説などを外出先で購入しダウンロードは可能です。

 

Kindle Paperwhiteの価格

大きく分けてWi-FiタイプとWi-Fi+3Gタイプの二種類があります。

Wi-Fiタイプ:16,280円

Wi-Fi+3Gタイプ:21,480円

 

また、キャンペーン情報という画面上にKindle月替わりセールなどの告知が表示されるタイプもあり、その情報が表示されるタイプはおよそ2,000円引きとなっています。そしてAmazonプライム会員の場合、4,000円引きで購入することが可能です。

 

ぼくはプライム会員なので一番安いWi-Fiタイプで告知が表示されるタイプの場合は10,280円で購入することができるため、今まで電子書籍をタブレットで読んでいたので1万円くらいなら買おうかなと思っているところです。

 

関連記事

本好きが思う、電子書籍6つのデメリット

そのプラン自分に合ってますか?スマートフォンのデータ通信量を確認してみたら全然使ってないかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑