Gmailの送信取り消し機能を有効にするには


公開日: 

パソコン版Gmailでの送信取り消しの機能が正式版になりました。Windows Liveメールなどのメールソフトにはメールを直ちに送信するという項目がありそのチェックを外すと送受信がかかるまでメールが送信されないため、送受信がかかるまでの間に修正をするということが出来ましたが、Gmailは今まで「送信」をクリックするとすぐに送信されていました。

 

Gmailの送信取り消し機能を有効にする方法

①歯車アイコン→②設定をクリックすると設定画面が表示されます。③送信取り消し機能を有効にするにチェックを入れると取り消せる時間が表示されるので「5.10.20.30」のいづれかから秒数を選択します。

gmail

これで30秒以内であれば送信の取り消しができるようになりました。

 

送信の取り消しをするには

メールを送信すると画面上部に「メッセージを送信しました。取消 メッセージを表示」と表示されるので取り消しをクリックするとそのメールが下書きへ移動します。文章を変更したい場合は下書きフォルダに入ったメールを開き変更し、再度送信することができます。

gmail2

 

メール送信ボタンを押したあと、あっ!と思うことはよくあるのでこの機能は意外とよく使うかもしれません。

 

関連記事

キャリアメールはもう古い?Gmailを勧める6つの理由

スマートフォンにGmailの通知が来なくなったときの対処法

Gmailの便利機能、添付ファイルの検索、添付方法など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑