Kindle Paperwhite(ニューモデル)開封の儀


公開日: 

これまで電子書籍はNexus7で読んでいましたが、Kindle Paperwhiteはタブレットのように画面が太陽光などに反射せず読みやすいので買うことにしました。

 

Kindle Paperwhite(ニューモデル)の中身

箱は本体よりもちょっとだけ大きいくらいです。

paper

 

箱を開けると本体が見え、画面に電源ボタンの説明が表示されていますが、これは紙ではなくKindle Paperwhiteの画面です。

paper2

 

同梱物は本体、各部の説明が書かれた用紙、英語で書かれた説明書らしきもの、USBケーブル。USBケーブルのみでコンセントから充電できるアダプタは入っていないのでもし持っていない場合は別途購入する必要があります。

もしスマートフォンで使っているものがあればそれで充電できます。

paper3

 

Kindle Paperwhiteの外観

paper4

前面にはKindle

 

paper5

背面にはamazonと描かれています。

 

paper7

 

paper6

ボタンは本体下に電源ボタンがあるだけです。そして充電するためのUSBポートがあります。

 

▶Nexus7との比較

paper8

幅は少しKindle Paperwhiteの方が広いですが、縦は圧倒的にNexus7の方が大きくなっています。そして明らかにNexus7の方が反射しています。

 

paper9

厚さはほぼ同じです。

 

paper10

大きさの比較はこれが一番わかり易いかもしれません。単行本とほぼおなじ大きさです。

 

単行本とほぼ同じ大きさなので片手で持って読むことができ、画面も紙を見ているのとほとんど同じなので、タブレットで本を読むときのように目が疲れるということがなさそうです。

関連記事

Kindle PaperWhiteの購入時にAmazonプライム会員限定割引を適応させる方法

新しいKindle Paperwhiteは300ppi高精細ディスプレイだけどKindle Paperwhiteの良さとは?

本好きが思う、電子書籍6つのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑