スマホの文字入力が快適になるGoogle日本語入力のおすすめ設定


公開日:  最終更新日:2017/03/17

googlenihon

スマートフォンでの文字入力アプリは何を使っていますか?ATOKやYahoo!、Simejiなど色々な文字入力アプリがありますが、細かいところまでカスタマイズできるGoogle日本語入力をおすすめします。

 

Google日本語入力の便利設定

▶良く入力する語句を登録する

住所やメールアドレスなど良く入力するけど、入力が長くて面倒なものを登録していればサッと入力できます。

設定→言語と入力

gengo

 

Google日本語入力

nihongo

 

辞書ツール

jisyo

 

①右上の+をタップすると単語登録画面が開きます。「単語」には入力が面倒な住所やアドレスを入力し、「よみ」には変換前の文字を入れます。

この場合、「あどれす」と入力し変換すると◯◯@gmail.comが変換候補として表示されるようになります。

jisyo2

 

▶日本語入力はフリックで、アルファベットはQWERTYで

日本語入力はフリックでアルファベットはQWERTY配列にすると、今日本語を入力しているのかアルファベットなのかということがすぐにわかります。

Google日本語入力の設定画面で、ソフトウェアキーボードの詳細設定

nihongo1

 

入力キーボードをケータイ配列にするとフリック入力になります。そしてアルファベットの入力だけをQWERTY配列にします。今日本語を入力しようとしているのかアルファベットなのかすぐにわかるようになります。

keitaihairetu

 

▶同じ文字を連続で押したら同じ文字が入力できるようにする

ガラケーの入力方法だと「あ」を連続で押すと「い」が入力されます。フリック入力とケータイ入力をダブルで設定していると同じ文字を2連続入れるのがちょっと面倒になるので、連続で押した場合は同じ文字が入力されるようにします。

入力スタイルの設定

style

 

フリック入力。フリック入力がやりにくいという人はケータイ打ちを選択するとガラケーと同じような入力方法が使えます。

flick

 

▶学習機能のON・OFFにする

学習機能をONにすると、一度入力した語句が変換候補に表示されるようになります。ただしこの機能がONになっていると何を入力したかがわかってしまうのでそれがちょっと…という場合にはOFFにすると入力履歴が残りません。

gakusyu

 

学習機能を利用するかしない。好きな方を選びます。

gakusyu2

 

▶フリック感度とキーボードの高さの設定

フリック感度は入力のスピードが早い人は感度が高いに設定し、遅い人は低いに設定すると入力しやすくなります。

flick2

 

キーボードの高さは画面が大きいスマートフォンを使っていると片手で親指が届かないというときに使うと片手で入力しやすくなります。ただしあまり低くし過ぎるとボタンが小さくなるので逆にやりづらくなるので、色々高さを調整してみてください。

key

 

文字入力がラクになるとスマートフォンが使いやすくなるので、Google日本語入力を使って自分の好きなようにカスタマイズてみては?

 

Google日本語入力インストール|GooglePlay

 

関連記事

Google日本語入力のアップデートで「数字」や「()、~」が格段に入力しやすくなった

Google日本語入力の入力履歴を削除する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑