買う前に知っておきたいモバイルバッテリーの2つの予備知識


公開日: 

スマートフォンなどを充電できるモバイルバッテリーは少ない容量から大きな容量までたくさんの商品が店頭に並ぶようになりました。ここまでたくさんあると何を基準に買っていいのかわからないという人のためにモバイルバッテリーを購入するときに知っておくといい情報を紹介したいともいます。

 

モバイルバッテリーは表記容量のおよそ60%しか充電できない

モバイルバッテリーを選ぶときに一番最初に気にするのがそのバッテリーの容量ですよね。使っているスマートフォンのバッテリー容量が3,000mAhだったら10,000mAhのモバイルバッテリーを買えば3回満タンに充電できると思ったら実はそうではありません。表記されている容量のおよそ60%が実際に充電できる容量になります。

つまり10,000mAhのモバイルバッテリーで3,000mAhのスマートフォンは2回満タンに充電できるということです。

・表記容量全てが使えないわけ

モバイルバッテリーから出力されるときに、出力電力の損失があり、スマホ側も入力された電流をバッテリーにため込む時点で入力電力の損失が発生しますので、全容量が使えるわけではありません。

モバイルバッテリーの賢い選び方|ウレぴあ総研

 

 

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

mbile

それでは実際にAmazonで今一番人気のモバイルバッテリーを見てみましょう。

容量:13,400mAh

【充電回数の目安】
iPhone 5s … 約 5 回
iPhone 6 … 約 4 回
iPhone 6 Plus … 約 2.7 回
iPad mini 3 … 約 1.2 回
iPad Air 2 … 約 1.0 回
GALAXY S5 … 約 2.8 回
Xperia Z3 … 約 2.5 回

Xperia Z3のバッテリー容量は3,100mAhです。これが2.5回ということは、

3,100mAh☓2.5=7,750mAh

 

13,400mAhの60%は、

13,400mAh☓60%=8,040mAh

 

ということで約2.5回というのに一致します。しかしモバイルバッテリーによっては60%も充電できないような物もありますので一概に全てのモバイルバッテリーがおよそ60%というわけではありませんが、表記されている容量の全てが充電できるというわけではないということは覚えておきましょう。

 

出力ポートが2つあるものもある

mbile2

大容量のモバイルバッテリーには2つポートが付いているものがあります。単純に2台同時に充電できるということでいいのですが、1Aと2.4Aのように出力が違う場合があります。

2.4Aの方が出力が大きいため、バッテリー容量が大きいタブレットの充電に向いています。もしタブレットを充電するためにモバイルバッテリーを買おうと思っているのに出力が1Aにしか対応していない物を買ってしまうと充電できないということもありますので注意が必要です。

 

まとめ

・表記されている容量の全てが充電できるわけではない

・出力ポートが1Aと2.4Aの2つがあるのでタブレットを充電したい場合は2.4Aに対応している物を買う

 

関連記事

スマホが水没して起動しなくなったらどうする?そんなときの水没スマートフォン復活ツール

スマートフォンからUSBメモリに画像をコピーする方法

ネタなのか?本気なのか?『いつの間にかソーラー充電バッテリー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑