あなたは情報収集に何を使っていますか?DiggReaderにサイトを登録しておくと便利です


公開日:  最終更新日:2017/03/16

以前Googleリーダーというサイトの更新情報を教えてくれるRSSリーダーがありましたが、今現在サービス終了してしまいました。そしてその代わりに使っているのがDigg Readerです。

 

RSSリーダーとは

RSSリーダーとは興味があるサイトを登録しておくと、そのサイトが更新するとすぐに更新したのが分かるようになり、わざわざそのサイトを開いて新しい記事が書かれたか?などと見に行く必要がなくなります。

気になっているサイトが1つや2つの場合は、そんなに必要ないかもしれませんが、色々なニュースサイトやブログなどたくさん見たい場合、その都度アクセスして記事が更新されているかどうかを確かめるのは時間の無駄ですし大変です。

そこでRSSリーダーにそのようなサイトを登録しておくと、新しい情報を漏れ無く知ることができるのです。

 

Digg Readerを使っている理由

digg

Googleリーダーがサービス終了ということで色々なリーダーを試し、結果的に良かったのがDigg Readerだったわけですが、何が良かったかというと「Googleリーダーに似ていた」ことと「読み込みが早い」の2点です。今現在100サイト近く登録しているので、一日見ないと更新件数が1,000件を超えてしまいます。

1,000件見るのに読み込みが遅いとかなり時間がかかってしまうので、読み込みが早いと言うのが一番大事でした。その点でDigg Readerは優れていたというのが一番の理由です。

 

▶後で読む機能が付いている

そして後で読みたい記事にチェックを入れることで、後で読むことができます。

digg2

 

DiggsでもSavedでも同じように後で読むことができます。これもかなり大事でまず溜まった記事を流し読みし、気になる記事にチェックをし、最後に気になる記事をしっかり読むようにしています。

digg3

 

ブログを書くにはネタが必要

ブログを毎日のように書くにはネタが必要です。ネタ探しを検索してやるのも大変です。しかしこのようなサービスを使うことでネタの収集が簡単にできます。また、ブログを書いていない人でも、色々なサイトをわざわざ見に行くような無駄な時間を使わなくてもすみます。

RSSリーダーを使うことで効率よく情報収集ができるようになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    googlereaderと使用感が似ていて使い勝手いいですよね
    私も長らく愛用しています

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑