RSSリーダーをInoReaderからDiggReaderに変更しました


公開日:  最終更新日:2017/03/17

diggGoogleリーダーが終了してからずっとInoReaderを今まで使っていましたが、本日DiggReaderに変更することにしました。

なぜかというと、InoReaderが読み込みが遅く、未読がたくさんあるとちょっと大変なのでサクサク読めるものがないかと思いDiggReaderを使ってみたらかなり読み込みが早かったので変更した次第です。

◆DiggReaderは読み込みがサクサクでストレスがない

digg

今現在リーダーに登録しているサイトが100サイトくらいあるため1日放おっておくと未読が1,000件超えてしまいます。1,000件超したのを読み込みが遅いInoReaderで見ていくのはかなり時間がかかってしまい、ストレスになるため最近はあまりInoReader自体を見なかったということが増えてきました。

でもやっぱり登録しているサイトでいい情報などが掲載されていたりするのでやっぱり登録しているのはみたいなあと思い、Googleリーダーが終了するときに試してみたRSSリーダーをもう一度使ってみました。

 

するとDiggReaderがものすごく読み込みが早く、スマートフォンでも見やすく改良されていたためすぐさまDiggReaderへ変更しました。

 

またDiggReaderはGoogleアカウントでログインすることができるため、Googleリーダーで登録していたサイトもそのまま使えるため面倒な移行作業もなく簡単だったというのも変更した理由の一つでもあります。

 

◆既読にするにはただスクロールするだけ

既読にする方法はInoReaderと同じスクロールするだけです。これがInoReaderは読み込みが遅かった…でもDiggReaderはサクサクです。

 

 

◆あとで読む機能もちゃんと付いている

リーダーに色んなサイトを登録しているとたくさんの更新情報が入ってきます。そしてこの情報いいな。と思ったらそのリーダー内で『あとで読む』に登録するという機能はとても重要です。ただ、現在ある他のリーダーもこの機能が付いていないものはないと思いますが、登録自体が簡単というのも重要です。

 

そしてDiggReaderのあとで読むへ登録のやり方は、Facebookのいいねのようなボタンがあるのでそれをクリックするだけ。

digg2

 

そしてそのいいねボタンみたいなものをクリックすると、左側にあるメニューのDiggsというところにその記事が表示されるようになります。

またその下にSavedというのがありますが、ブックマークボタンを押すとここに保存されるようです。Diggsと同じような機能に思えますが、Googleリーダーでスター機能がありましたが、Googleリーダーでスターを付けていたのがSavedに入っていたため、GoogleリーダーのスターはDiggReaderでのSavedと同じということのようです。

digg3

 

ということで、

Diggs=あとで読む
Saved=重要

 

ということだと思いますが、ほとんど同じような機能っぽいので2つある意味は使いながら確かめていきたいと思います。

 

◆スマートフォンにも対応している

スマートフォンでも見ることが多いのでこの機能も必須になりますがこれもDiggReaderは対応していました。

右上の✓をタップすると既読になります。

digg4

 

 

ということで本日InoReaderからDiggReaderに変更しましたが、まだ使って間もないためしばらく使ってみて気になったことや気づいた事があればまたその内容を更新したいと思います。

 

以前DiggReaderを試してみたときは全然だったのにかなり改良されて使いやすくなったなぁ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑