パソコンで使用しているメールをスマホでも使えるように設定する方法


公開日: 

パソコンに届いているメールをスマホで見たり、返信したいと思うことはありませんか?スマホでも設定さえすればパソコンのメールの送受信ができるようになっています。

わざわざパソコンを起動し、メールを確認しなくてもスマホですぐに確認できるように設定する方法を紹介します。

 

 

PCで受信しているメールをスマホで設定する前に確認しておくこと

パソコンで使用しているメールはほとんどの場合、So-netやOCNやBIGLOBEなどのプロバイダメールだと思いますが、メールを設定する際に必要なものがあります。

メールの設定時に必要になるもの

・メールアドレス

・メールのパスワード

 

【以下は自動設定できる場合もあり】

・メールアカウント

・受信メールサーバー(POP)

・送信メールサーバー(SMTP)

・送受信ポート番号

 

パスワードを忘れてしまった場合

メールアドレスは普段使っているため覚えていることが多いでしょうが、パスワードに関しては忘れている場合もあります。メールのパスワードはインターネットを申込んだ際の書類に記載されています。また、変更している場合は変更した際に自分でメモをとっていなければ、全くわからないということになります。

もしパスワードが全くわからない場合は、契約しているプロバイダに確認してみましょう。パスワードが記載された用紙を送ってもらえます。

 

メールアカウント、受信メールサーバー、送信メールサーバーはプロバイダのサイトで確認できる

メールアカウント、受信メールサーバー、送信メールサーバーはプロバイダのサイトに記載されているため覚えておく必要はありません。またメールアドレスとパスワードだけを入力し、自動で設定する場合は不要となります。ただしプロバイダによっては自動で正しく受信メールサーバーなどが入らない場合もあるため、その場合は手動で入力する必要があります。

「プロバイダ名 受信メールサーバー」や「プロバイダ名 メール設定」

などで検索してみましょう。

 

例えばJCOMであれば以下のようになっています。

メールアドレスの@以降が「@jcom.home.ne.jp」の場合

メールアカウント:メールアドレスの@より前

受信メールサーバー:pop.jcom.home.ne.jp

送信メールサーバー:smtpa.home.ne.jp

送信ポート:465(SSL)

受信ポート:995(SSL)

 

スマホにメールを設定する方法

スマホにメールを設定する際にはメールアプリが必要になります。ほとんどの場合「メール」や「Eメール」というアプリがインストールされていると思いますが、ない場合はメールアプリをインストールしましょう。

今回はこのアプリを使用します。

mail

 

メールアドレスを入力

mail2

 

パスワードを入力し、手動セットアップを選択。次へをタップすると受信メールサーバーなどが自動で入りますが、プロバイダによっては間違ったものが入ってしまい、設定が失敗することが多いので、もし失敗する場合は手動セットアップをを行います。

mail3

 

ほとんどの場合、POP3で設定を行います。

mail4

 

IMAPとPOP3の違い

・IMAP

メールの保存場所がサーバーになり、設定しているパソコン・スマホがサーバーにメールを見に行く仕様になっています。そのため、スマホで受信メールを削除した場合、パソコンでもそのメールは消えています(どちらもIMAPで設定している場合)また、送信したメールがパソコン・スマホともに同じものを見ることができます。

便利な設定方法ですが、プロバイダによっては受信から◯日でサーバーからメールが削除されるという決まりがあり、過去メールが消えてしまう可能性があるため、IMAPが対応しているかをプロバイダに確認する必要があります。

 

・POP3

パソコンまたはスマホ本体にメールを保存する仕様になっています。そのため、スマホで受信したメールを削除したとしても、パソコンではそのメールは残っています。また、送信したメールは送信した端末でしか見ることができません。(すべてのプロバイダメールで設定可能な方法です)

 

受信メールサーバーなどを入力します。

ほとんどのプロバイダがサイト上の設定方法にセキュリティの種類「SSL/TLS」を使用し、受信ポート番号が「995」という表示になっていますが、この設定はエラーが出ることが多いので、その場合、「SSL/TLS」を使用しないようにしましょう。SSL/TLSを使用しないにすると自動的に受信ポート番号が「110」になります。

mail5

 

サーバーからEメールを削除に関しては「削除しない」方がいいでしょう。もし5日後に削除するという設定にしていた場合、スマホでメールを受信して5日以内にパソコンでメールを受信しないと、対象のメールが消えてしまいパソコンでメールを受信することができなくなります。

 

次に送信メールサーバーの設定を行います。ポートはほとんどの場合「SSL/TLS ポート465」または「SSL/TLSの欄は使用しない ポート587」のどちらかになります。ちなみにポート番号は「SSL/TLS」を使用する・しないの選択をすると自動的「465と587」が切り替わります。(アプリによっては切り替わらない可能性あり)

mail6

 

スマホでメールを確認するタイミングを選択します。

mail7

 

メールを受信したときに通知音を鳴らすかどうかの設定をします

mail8

 

アカウントの名前はプロバイダ名にするのがわかりやすいと思います。あなたの名前はここに入れた名前が送信した際に相手に表示される名前となります。

mail9

 

設定が完了しました。

mail10

 

最後に

メールの設定時に入力する受信メールサーバーなどはプロバイダによって異なるため、事前に調べておく必要があります。

もちろんメールアドレスとパスワードだけを入れて自動で設定できる場合はいいのですが、ほとんどの場合自動では失敗する事が多いので。

 

関連記事

Gmailの迷惑メール対策やメール振り分け機能などがYahoo!やoutlook.comなどでも使用出来るように

Nexus5Xでドコモのメールを使う方法

Googleの新メールサービスInboxは自動的なカテゴリ分けと添付画像が見やすくなっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑